油圧ダイヤモンドワイヤーソー


油圧ダイヤモンドワイヤーソーとは・・・

ダイヤモンドワイヤーソー工法は、切断対象物にダイアモンドワイヤーを環状に巻きつけ高速回転させて切断する工法です。
大型コンクリート構造物での大断面切断や水中切断などが容易にでき、しかも騒音・振動・粉じんの発生がなく、公害規制の厳しい場所にも適した画期的な新工法です。
特長
大型鉄筋コンクリート構造物の切断が可能です
無振動・低騒音・粉じんも少なく、複雑な形状物の切断が可能です。
対象物に制約がなく、複雑な形状物の切断が可能です。
遠隔操作で、水中構造物、狭い場所、高所での切断が可能です。
現場状況に合わせた機械配置ができ、対病性に富んでいます。
たて、よこ、斜めなど自在な切断が可能です。
用途
鉄筋コンクリート構造物の切断
ダムなどの大型コンクリート構造物の切断
橋梁・よう壁・魚道の切断
水中構造物の切断
煙突などの高層物の切断
病院・ホテルなど規制の厳しい場所での切断
優れた特性を持つ新しい切断工法です。
総合的解体システム
ノーベル技研工業鰍ヘ、この社名のように日夜技術を磨き研究を重ねるエンジニア集団です。
現場状況に合わせてワイヤーソー・ウォールソー・ダイヤモンドコア・静的発破材・コンクリート
破砕器・爆薬などを組み合わせた総合的な解体システムを安全にお届けいたします。

ダイヤモンドワイヤーソーの切断図説明
ダイヤモンドワイヤーを外側より巻きつける事の出来ない構造物に対しては、コアードリ
ルにてワイヤー通し用パイロット穴をあける事により切断が可能です。

【施工機器へもどる】  【ワイヤーソーの施工状況へ】

ご意見、お問い合せは【sato@nobelgiken.com】まで
Copyright (C) 2002 NOBEL TECHNICAL INDUSTRY CO,LTD. All Rights Reserved.